TRSF FIRSのページへ JRSFのページへ

speed > 競技の見方

スケジュール ... 大会結果 ... 競技の見方 ... ::: home :::

スピード競技の種類

ページの先頭へページの先頭へ

各競技の説明

タイムトライアル

1人又は数名の選手が、周回コースを滑走し、タイムが一番早い選手が優勝とする。

ページの先頭へページの先頭へ

チームタイムトライアル

  1. レースは3人の選手からなるチーム単位で行われ、集団で周回コースを滑走し、時計係がそのタイムを計測する。
  2. 1チームごとに滑走する、タイムは、チームの第2位の選手がゴールラインを通過した時点で計測される
ページの先頭へページの先頭へ

エルミネーションレース

この競技は、コース上に設定された1か所または数か所の特定の地点で、1名または数名の選手がエルミネート(除外)される方式である。主審は競技スタート前にエルミネーションのルールを知らせなければならない。

ページの先頭へページの先頭へ

長距離レース

このレースでは同時に滑走する選手の人数は制限されない。但しトラックやロードの幅(サイズ)に比して参加人数が多過ぎる場合は、予選を行う。1,500mの場合は、定められた人数の選手により、最高3回までの予選を行うことができる。

ページの先頭へページの先頭へ

持久走(エンデュランス)レース

このレースでは制限時間が設定され、同時間終了時までに選手が走行し終えた滑走距離の長短によって順位が決められる。

ページの先頭へページの先頭へ

ポイントレース

この競技はコース上に設定された特定の地点(ポイント)毎に各選手に得点が与えられる。 最終周回終了地点(ゴール)では、中途の周回より大きい得点が与えられる。この競技では合計得点の 最も多い選手が優勝する。

ページの先頭へページの先頭へ

リレ−

  1. この競技はトラックでもロードでも行われる。レースは2人またはそれ以上の人数のチームで競われ、タッチ(リレ−動作)は定められた長さの特定のエリア内(タッチングゾーン)で行う。
  2. タッチの方法はチームメイトの身体に接触して行う。最終のタッチは、コースの長さに応じて、最終周回より前の周回に行わなければならない。
  3. リレ−のレース中は審判と選手のみがコース内に入ることが出来る。
ページの先頭へページの先頭へ

ステージレース

  1. ステージレースはロードでのみ行われる。このレースは、個別規則に従い、中距離レース・長距離レース・タイムレースの3種目競技の組み合わせによって行われる。最終的な順位は、ステージと呼ばれるそれぞれの種目のタイムまたはポイントの合計で決められる。
  2. 各ステージでは、選手の順位によってタイムまたはポイントがボーナスとして与えられる。このボーナスについては、あらかじめプログラム記載されていなければならない。
  3. もし数人の選手が同一のタイムとなった時は、最終的な総合順位は、それまでの各ステージでのベスト記録の順によって決められる。
  4. この競技は距離またはステージ数により1日または連続した数日にわたって行われる。途中に休日を設けることもできる。
ページの先頭へページの先頭へ

追い抜きレース

この競技はトラック及びロードの周回コースで行われる。レースは2人または2つのチームによる勝ち抜き形式で行われる。レースは双方から等距離にある2地点からスタートする。選手またはチームが、相手の選手または相手チームを追い抜いた時点で試合は終了する。チーム追い抜きレースの場合、1チームは3人または4人の選手で構成する。チームによる追い抜きレースは、あるチームの最後から2番目の選手が、他のチームの最後から2番目の選手を追い抜いた時をもって試合終了とする。

ページの先頭へページの先頭へ

エルミネーション・ポイントレース

この競技は、コース上に設定された1か所または数か所の地点(ポイント)毎に、1人または数人の選手が除外(エルミネート)される。加えて、同一の地点(ポイント)で、各選手に得点が与えられる。最終周回終了時(ゴール)には、途中の得点より大きい得点が与えられる。このレースでは、ゴールした選手中、合計得点の最も多い選手が優勝する。

ページの先頭へページの先頭へ